2018.9.29

ハミガキで風邪予防!?

  • 20180929a

みなさんこんにちは。サンシャイン歯科の笹井です。最近朝夕はめっきり寒くなってきましたね。気温の変化が激しいと、身体にかかる負担も大きくなります。うがい手洗いをしっかり行い、風邪を引かないように気をつけていきましょう。


『ハミガキで風邪予防!?』
 これからのシーズン、気温の変化や空気の乾燥で風邪が流行し始めますよね。冬が近付くともっと厄介なインフルエンザまで猛威を振るい始めます。外から帰った時に、うがい手洗いをしっかり行うという予防法は皆さんご存知かと思います。それプラス就寝前の丁寧なハミガキと毎朝起床後一番のハミガキで風邪予防できるってご存知でしたか?


『ハミガキで風邪が予防できる仕組みについて』
ではなぜ、朝晩のハミガキが風邪予防に効果があるのでしょうか?答えは細菌の増殖にあります。本来私たちの口の中には、良い菌、悪い菌、何もしない菌等、約30億~6000億もの細菌が生息しているといわれています。この細菌たちはプロテアーゼという酵素を作り出すのですが、このプロテアーゼがインフルエンザ菌や風邪の菌を体内に入りやすくしてしまうのです。私たちが睡眠中は唾液の量も減り、細菌の活動が活発になります。寝る前にしっかりハミガキをしていても、多かれ少なかれ就寝中に細菌の増殖は行われます。不潔にしているなら直の事、菌の増殖を促進してしまいます。寝る前に丁寧にハミガキをすることで、就寝中の菌の増殖を抑え、朝一番のハミガキでそれらを排出してしまうのです。するとプロテアーゼ量も減り、結果的に体内に侵入するウィルスの数も減少するという事です。


『ハミガキは虫歯予防と風邪予防が一緒に出来る!』
ハミガキをしっかり行うことのメリットはかなり大きいですよね。口の中を清潔に保つ事で、お口の中の効果だけでも、虫歯予防、歯周病予防、口臭予防、さらに身体の為に風邪予防、インフルエンザ予防等の効果が期待できます。ただ単にハミガキをすれば良いというわけではなく、夜はフロスや洗口剤を併用して、しっかり口の中全体をケアしてください。寝る前のハミガキは質が大切です。特に歯と歯の間の汚れは、歯ブラシだけでは落とせません。フロスや歯冠ブラシ等の補助器具を活用してしっかり磨いてみてください。